menumenu
menu

パフォーマンス向上を目指すアスリートへ

アスタキサンチンとは

赤い天然色素

アスタキサンチンは近年美容業界を中心にその名前が世間に浸透してきた話題の赤い成分である。舌を噛みそうな覚えにくい名前ではあるが、実は我々の生活に非常に身近なものである。
エビ、カニ、タイ、サケなどの色鮮やかな海産物。我々は昔からこれらの海産物を食べてきた。実はこれら海産物の赤い色素がアスタキサンチンなのである。

色鮮やかと言えば、健康に良いとされる緑黄色野菜。ニンジンの橙色成分、βカロテンやトマトの赤い成分、リコペンはカロテノイドの仲間である。緑黄色野菜が身体に良いとされている理由の1つとして、このカロテノイドが豊富に含まれていることが挙げられる。実はアスタキサンチンも、このカロテノイドの一種なのである。

それでは、サケ、エビ、カニ、タイなどの海産物はなぜ赤いのか。これらの海産物が、アスタキサンチンを多く含む餌を摂り、色鮮やかな赤になるのは、決して見た目の美しさのためではない。厳しい自然界を生き抜くためなのである。

赤い天然色素

卵に受け継がれるアスタキサンチン

例えばサケ。サケは、川の上流で産まれ、海に移動して広い海を回遊し、産卵のために故郷の川を遡る。他の魚と比べて、大変過酷な環境にさらされていると言える。この過酷な環境に耐えていくことが出来るのは、アスタキサンチンのおかげであると言われている。

というのも、実はサケは白身の魚である。広い海を回遊している間に、アスタキサンチンを多く含むオキアミを餌として摂りいれて筋肉に蓄積する。この蓄積されたアスタキサンチンが、生まれた川を遡るという過酷な行為から、サケの筋肉を守るのである。遡上を終えたサケは、外敵のいない浅瀬に卵を産み、その生涯を終える。その際、アスタキサンチンを卵に受け継ぐことで、強力な紫外線のダメージから卵を守る。アスタキサンチンは、命のリレーをつなぐバトンなのである。

卵に受け継がれるアスタキサンチン

ダメージの正体とは

ところで、サケや卵は、アスタキサンチンによって何のダメージから守られたのだろうか?それは、呼吸して生きている人間にとって、欠かせない酸素がカギとなる。

身体を動かす、考える、泣く、笑う、眠ることにも我々はエネルギーを必要とする。このエネルギーの源となる酸素と栄養素を、我々は呼吸と食事で身体にとり入れている。身体にとり入れられた酸素と栄養素は、細胞内でエネルギーに変換され、様々な生命活動に使われる。その過程で、一部の酸素は反応性が高い活性酸素に変化してしまう。こうして発生した活性酸素は、元来体内に侵入した病原菌などを退治する力を持っているため、生きていくために必要なものである。しかし、過剰に発生すると正常な細胞まで傷つけてしまう。

過剰な活性酸素を発生させる原因として、紫外線や喫煙、暴飲暴食や精神的なストレスなども挙げられるが、激しい運動もその一つである。

生まれた川を遡る激しい動きや、紫外線に晒されることによって発生した活性酸素が、ダメージの正体なのである。

ダメージから守る力

過剰に発生した活性酸素から、身体を守る術はあるのだろうか。

実は、人間にはもともと「抗酸化力」という活性酸素を無毒化する力が備わっているため、通常の生活を送る上では、悪影響はない。「抗酸化力」とは文字通り「酸化に抗う力」、つまり我々を酸化から守る力なのである。
身体が守られているからこそ、細胞は本来持っている力を発揮できる。しかし、活性酸素の過剰な発生が続くと、本来持っている「抗酸化力」では足りなくなる。さらに、この「抗酸化力」は加齢によっても減少する。
我々が本来持っている力を発揮するためには、活性酸素の過剰な発生を防ぎ、身体をダメージから守ること、さらに、強い抗酸化成分を摂取することが必要と考える。

アスタキサンチンの抗酸化力

一重項酸素に対するアスタキサンチンの抗酸化力を、他の抗酸化成分と比較した結果が右の図である。アスタキサンチンの抗酸化力は非常に強く、βカロテンの5倍、コエンザイムQ10の800倍、ビタミンCの6000倍もの抗酸化力をもつことが報告されている。

一重項酸素とは、身体にダメージを与える活性酸素の一種で、肌の老化や、筋肉疲労の正体と言われる過酸化脂質の発生に関係しているといわれている。活性酸素には様々な種類があり、我々はそれぞれの活性酸素を無毒化する抗酸化力を体内に持っている。ただ、その中でも一重項酸素という活性酸素については、無毒化する力を持っていないといわれている。そのため、外から摂取するしか方法はないが、アスタキサンチンにはこの一重項酸素を抑える力が最も優れていることが報告されている。

アスタキサンチンの一重項酸素に対する抗酸化力

居場所がユニーク

我々の身体を作っている細胞は、細胞膜という内側が脂溶性、外側は水溶性である二重の膜におおわれている。有名な抗酸化成分のほとんどが、水溶性か脂溶性どちらかのエリアにしか存在できない。しかし、アスタキサンチンはそのユニークな構造から、細胞膜の脂溶性エリアを貫通し、両端を水溶性エリアに顔を出す状態で存在する。つまり細胞全体を守る力に優れているといわれている。

居場所がユニーク

熱しやすく冷めやすい

プロオキシダントとは、抗酸化成分がもつ副作用的なもの。
多くの抗酸化成分は、自身が活性酸素と結びつくこと、つまり自身が酸化されることで周りの細胞を傷つけさせない、いわゆる「身代わり」によって抗酸化作用を示す。そして、酸化された抗酸化成分は、プロオキシダントとなり、毒性を持つことになる。

しかし、アスタキサンチンは、活性酸素エネルギーを熱エネルギーに変換して放出することによって作用を示すため、プロオキシダントにはなりにくい、安全な抗酸化成分とされている。

アスタキサンチンは、安全で非常に強い抗酸化成分であるとともに、非常に強い抗炎症作用があることも知られている。