menumenu
menu

パフォーマンス向上を目指すアスリートへ

スポーツとアスタキサンチン

  • 勝利へと向かうために。アスリートにとってなものは何か。
  • 勝利までのマイルストーン
    トレーニングを積み重ねることでパフォーマンスアップ
  • 必須の3要素
    アスリートが望む結果を得るためには、「食事」「トレーニング」「休息」という3つの要素が大切な礎となる。「食事」でカラダをつくり、「トレーニング」でカラダを鍛え、そして「休息」でカラダを戻して、さらに進化させる。この3つがバランスよく高いレベルでかなえられていることで、はじめてスタートラインに立つことができる。
    Meal Training Rest
  • トレーニングとパフォーマンスの関係(概念図)
    普通のトレーニング
    トレーニング 休息
    より強くなる為には・・・
    ハードトレーニング
  • トレーニングとパフォーマンスの関係(概念図)
    オーバートレーニング
    限界を越えたダメージ
    リカバリーできず
    ダウン
  • トレーニングとパフォーマンスの関係(概念図)
    トレーニング
    ダメージを受けた筋肉
    アスタキサンチンがあると・・・
    同じトレーニングをしても
    ダメージを受けにくい
  • アスタキサンチンの力でパフォーマンスアップ
    アスタキサンチンを飲んだグループ
    開始時
    3ヶ月後
    6ヶ月後 60%UP
  • トレーニングが向上への唯一の道
    パフォーマンスアップをめざすなら、もっとも重要なのは「トレーニング」。トレーニングを積むことによってのみ、技術力や闘い抜く強さを高めていくことが可能になる。質の高いトレーニングを繰り返すことは、昨日より今日、今日より明日、継続的な向上につながる。そのことを実感するからこそ、アスリートは少しでも長く、少しでも多く、少しでもタフなトレーニングを、と希求する。また、質の高いトレーニングができたという達成感は大きな自信にもつながっていく。しかしながら、ハードなトレーニングは同時に、疲労によるパフォーマンス低下や、ケガや故障というリスクをもはらむ。こうした負の側面をいかに超越し、思う存分にトレーニングに打ち込める状態へもっていくことが重要である。
  • 結果につながるトレーニングへ
    アスタキサンチンは、昨日より今日、今日より明日、もっと高みにいくために充実したトレーニングを積みたいと願うアスリートの真摯な想いに応える。トレーニングによりスキルや力、自信を積むことはできる。しかし、トレーニングを毎日継続して行うためには、十分な休息、そしてリカバリが必要だ。これまでは疲れたカラダ、ダメージを受けたカラダには、多くの力を使ってリカバリに努める必要があった。アスタキサンチンはダメージを低減させるため、リカバリに要するパワーも時間も減らすことができる。そのぶんより長く、よりパワフルにトレーニングを強化することが可能になるのだ。さらにアスタキサンチンを継続することで、ダメージからつねに守られるカラダになる。つまり、“ダメージを受けにくいカラダへと導く”という、これまでにない、そしてアスリートが真に望んでいた成分が、アスタキサンチンなのである。
  • すべてを支えるアスタキサンチン
    食事は、トレーニングを行うカラダをつくるだけでなく、パフォーマンスに必要なエネルギーを生み出す。カラダをつくり、エネルギーを生み出すのは、最少の単位である細胞である。その細胞がダメージを受けていては、満足なトレーニングも望む結果も得られない。アスタキサンチンがカラダのすみずみまでいきわたることで、ダメージから守り、不調に陥るのを回避する。継続することで、立ちふさがる見えない壁や限界をも怖れず、トレーニングに邁進でき、さらなる高みへと挑むことが可能となる。納得のいくまでトレーニングを積み、しなやかでタフなカラダの維持において、全てを支えるアスタキサンチンは、未来の勝利へと至る道を力強く応援する。