menumenu
menu

パフォーマンス向上を目指すアスリートへ

東海大学駅伝部員対象の臨床試験で 天然アスタキサンチンの疲労軽減効果を確認

 

~東海大学医学部・体育学部、アスタリール株式会社との共同研究の成果を学会で発表~

release ⁄ 2019.6.6

 

※本件は6月6日(木)16時、東海大学と同時に資料配布を行っております。

 

天然アスタキサンチン製品を世界中供給しているアスタキサンチンのパイオニア、アスタリール株式会社(本社:東京都港区芝公園1-1-1、代表取締役社長:西田 光德)と、東海大学(所在地:神奈川県平塚市北金目4-1-1、学長:山田 清志〔やまだ きよし〕)は、東海大学陸上競技部中・長距離ブロック(駅伝部)に所属する選手を対象とした臨床試験において、天然アスタキサンチンの摂取が筋肉疲労の軽減に有効であることを確認しました。この臨床試験結果を、6月14日(金)から開催される「第19回日本抗加齢医学会総会」(会場:パシフィコ横浜〔神奈川県横浜市〕、発表日時:6月15日(土)11:10~)にて発表いたします。

 

【本リリースのポイント】
・第95回箱根駅伝で優勝するなど大学陸上競技界のトップチームである東海大学陸上競技部中・長距離ブロック(駅伝部)に所属する選手を対象に実施した臨床試験である。
・天然アスタキサンチンの摂取が、アスリートにとって特に重要である筋肉痛の軽減や身体的な疲労の回復速度に有効であることが示唆された。
・臨床試験結果を、6月14日(金)から開催される「第19回日本抗加齢医学会総会」にて発表する。

 

■発表概要/第19回 日本抗加齢医学会総会 食生活・サプリメント・健康食品・漢方・キレート療法2
日時:2019年6月15日(土)11:10~12:10
会場:パシフィコ横浜4階 第7会場〔411・412〕(横浜市西区みなとみらい1-1-1)
演題:大学陸上競技部の長距離選手を対象としたアスタキサンチンの効果に関する検討
発表者:菊地恵観子(東海大学医学部基盤診療学系健康管理学/医学部付属東京病院)

 

【研究背景】
サケやエビなどの甲殻類などに含まれる赤橙色のカロテノイドであるアスタキサンチンは、抗酸化および抗炎症作用を有し、健康食品として広く研究と流通がなされている。これまでに持久力向上や筋肉損傷軽減など、アスリートでの有用性を期待させる複数の効果が報告されているが、トップアスリートにおける検討は十分ではなかった。

 

【試験方法】
東海大学陸上競技部の中・長距離ブロック(駅伝部)に所属する1〜3年生の男子学生30名を対象に実施した。(期間:2018年8月19日~10月)、5,000メートル走のタイムが等しくなるよう2群に分け、試験群にはアスタキサンチンカプセル(フリー体アスタキサンチン換算量として1日12mg )、対照群にはプラセボカプセル(アスタキサンチンを含まない)を各8週間服用してもらいました。採尿、採血、バイタルサイン、問診のほかにウェアラブル端末による活動量の測定を行いました。

 

アスタキサンチンについて
機能性表示食品や栄養補助食品、化粧品などに広く配合されていますが、日本国内で食品用として流通しているアスタキサンチンのほとんどがヘマトコッカス藻由来のものです。アスタキサンチンは、基礎研究だけでなく、多くの臨床研究の報告があり、メタボリックシンドローム、アトピー性皮膚炎などの病態だけでなく、脳機能の改善、美肌作用、運動機能の向上など、健康増進における有効性が期待されます。
なお、弊社は、本試験で用いた天然アスタキサンチンを配合したサプリメントを既に販売しており、アンチドーピング認証であるインフォームドチョイスを取得しております。

 

アスタリールについて
富山県に本社のある製薬会社 富士化学工業株式会社のグループ会社で、天然アスタキサンチン製造販売と研究開発、および天然アスタキサンチンに関する情報提供を行っています。
天然アスタキサンチン原料アスタリール®の製造・供給のほか、医療機関・医療関係従事者向け、および⼀般消費者向けの製品を開発・販売しています。アスタリールグループは、米国、スウェーデンにアスタキサンチン製造工場を、日本、米国、スウェーデン、シンガポール、オーストラリア、インドに販売拠点を置き、世界中で、天然アスタキサンチンの製品やサービスを提供しています。

 

アスタリ-ル 公式サイト http://www.astareal.com
アスタビータオンラインショップ http://www.astavita.jp/
最新研究データサイト「アスタキサンチンラボ」 http://www.astaxanthin-lab.com/